沖縄県のコンビニでは、夏場に”おでん”が売れてアイスが売れないって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4

はいさい!

シーサー夫です。

2018年に沖縄進出の計画があるセブンイレブン。
セブンイレブンが沖縄県への出店するのは意外に初めてなんです。

既に530店舗のコンビニがひしめく沖縄県内で、セブンイレブンは新たに
250店の展開を計画しているとのこと。

セブンイレブンを知る県外出身者からは歓迎の声があがっています。

スポンサーリンク

沖縄では熱いものが売れて冷たいものが売れない?

沖縄ファミリーマート、ローソン沖縄では・・・おでんに加えて、揚げ物やコーヒーなど「熱々」「出来たて」が味わえる商品がレジ前カウンターに並んでいます。
沖縄県は軒並み47都道府県内でトップ級の売り上げみたいです

逆に冷たいアイスクリームはあまり売れないんです。
不思議ですよね?
熱帯地域の南国沖縄県なのに、冷たいものが売れ行きがイマイチなんて。

沖縄県は、本土と違い独特の味付けが必要みたいです。

沖縄ファミリーマートによると、県内で1日当たり約2万9千杯が飲まれる
「ファミカフェ」のコーヒーも、全国より濃いめ仕立てで県民の好みに合わせた
独自の味は沖縄県だけだそうです。

「ファミチキ」の前身となる骨付きフライドチキンも、沖縄を皮切りに
全国へ広がっていきました。
でも・・・全国では次第に骨なしで食べやすいファミチキが主流に。
骨付きは販売を終了しましたが、沖縄だけは今も骨付きが売り上げ上位に
食い込む根強い人気を誇っています。

沖縄県のコンビニあるある

・おにぎりを買ってレジに行くと「おにぎり温めますか?」と聞かれる

・おでんのメニューにテビチやソーキがある

・ファミリマートで沖縄そばが売られている

新垣ちんすこうアイスがある

・紙パックの1リットルは946mlしか入っていない

海グッズが豊富に販売されている

赤瓦屋根のコンビニがある

沖縄そばカップメンがある

・店の正面入り口が引き戸ではなく、自動ドアなのも沖縄ならではなんです。
台風の強風でドアがむやみに開いたり、壊れたりするのを防ぐ狙いがあるようです。

沖縄県の県民性を生かしたコンビニ。

その土地に合ったコンビニ作りをしてくれている事はありがたいですね^^

沖縄旅行に来た時には是非コンビに立ち寄って見て下さい!

面白い新たな発見ができるかも?ですよ

最後までお付き合い頂きアリガトウございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存