日本一早い「ひまわりまつり」が沖縄で2月から開催されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

はいさい!(こんにちは)

通常、”ひまわり”といえば・・・夏ですよね。

でも南国沖縄は季節が先取りなんですね。

2月からひまわりが見れるんですよ!

スポンサーリンク

季節を先取り、2月なのにひまわり?

沖縄県の中部に位置する北中城村で、今年で第11回目となる
“日本一早いひまわりまつり”が、しおさい公苑近くのひまわり畑で
開催されます。

約2万2000平方mの敷地に、20万本のひまわりが咲き誇る風景は
まさに圧巻です。

真夏のイメージのひまわりの花が沖縄の温暖な気候を活かして真冬に満開、
というのが見どころですね。
畑一面見渡す限り咲くひまわりは冬の青空に映えて、誰でも自然と
笑顔になれます。
フォトコンテストや2011年、2012年年には「ひまわり畑の結婚式」
といった参加型イベントも行いました。

今回は、新たな試みとして、区画分けした会場にオーナーが募集され、
種まきや水やりなどはオーナー自らが行い、丹精込められたひまわりが
咲誇るのが楽しみですね。
趣向を凝らした各オーナーのひまわり畑は見応えがあります。

会場近くの村アンテナショップ「しおさい市場」では、
村内でとれた新鮮な農産物や、特産品のアーサ(海藻)製品などが
販売されます。

田んぼをなぜひまわり畑にするの?

実は米の生産調整(せいさんちょうせい)の政策の一つのやり方。
秋に植えるのではなく、米などの作物を収穫した後に種をまいています。

生産調整の為に作物を植えられない水田には小麦や大麦などを
植えるみたいですが、代わりにコスモスやひまわりなどの花の種をまく
補助事業(ほじょじぎょう)があります。

米を植えていた水田を一年間違うイネを栽培して休ませるのが
米の生産調整政策(減反政策)です。
これらを景観作物と言い、一定の規模以上の認定農家(専業農家)だけが
作付けできる制度で補助金が給付されるからなのです。

イベントの日程も決まっているのでお知らせしますね。

第11回ひまわりIN北中城

【開催日】2019年2月9日~2月10日

【開催時間】10:00~16:00

【開催地】沖縄県中頭郡北中城村熱田2060付近

【駐車場】「しおさい市場」、「熱田漁港」

【問い合わせ】北中城村まつり活性化委員会
TEL:098-935-2233

最後までお付き合い頂き有難うございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存