ワンランク上のリゾート感が味わえる「コテージホテル」を4軒ご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

はいさい!

シーサー夫です。

せっかくの沖縄旅行!

大人な雰囲気のホテルで宿泊したいアナタ。

そんな方にオススメの「コテージホテル」をご紹介します。

スポンサーリンク

誰もが1度は泊まってみたい「コテージホテル」って?

沖縄県は、海外に行かずに日本にいながら南国を感じることができる
誰もが認めるリゾート地ですよね。

気軽に行ける場所ではないからこそ、特別な時間を過ごしたい・・・
そんな願いが叶うのが「コテージホテル」だと思います。

リゾートホテルは確かに何でも揃っていてとても便利です。
でも、コテージで過ごす時間は、ゆっくり時が流れる沖縄とマッチして、
格別なものがあります。

今回は、沖縄でも特別感を味わえるワンランク上の「コテージホテル」を
沖縄本島2軒・石垣島1軒・宮古島1軒の厳選した4軒を選びましたので
紹介したいと思います。

オクマプライベートビーチ&リゾート(沖縄本島)

2017年5月1日に「旧JAL プライベートリゾート オクマ」は、
フロントエントランスの改築、アクティビティプールの増設、
ビーチカフェ・オアシスの改装等、施設の大規模改修工事を行い
ホテル名称が「オクマプライベートビーチ&リゾート」に
変更されました。

沖縄県国頭郡国頭村に位置するオクマプライベートビーチ&リゾートは、
グランドコテージ・ガーデンヴィラ・メインコテージ・パームコテージ・
メゾネットルーム・バリアフリールーム・ワンちゃんルームなど、
それぞれ特徴あるタイプの客室から選ぶことができます。

旅行のタイプや家族構成、目的に合わせた部屋選びが出来たり、
ワンちゃん同伴がOKなのもオクマプライベートビーチ&リゾート
特徴の1つですね。

〇アジアンモダンを意識した戸建てタイプは、まるで自宅にいるかのような
過ごし方もできます。

〇メゾネットタイプの部屋もあり、大勢で滞在する場合でも
広々と使用することが可能です。

〇ワンちゃんも当然、家族の一員ですよね。
旅行に来たならリードを外しておもいっきり走らせてあげたいですよね。
ガーデンヴィラでの滞在となる、ワンちゃんルームは気兼ね要らずで
芝生の上を思う存分走れます。
部屋内にはワンちゃんが休めるマットが敷いてあるなど、快適に過ごせる空間を
作ってくれてるのも大きな特徴です。

朝食を食べにレストランへ入った瞬間、パンの香ばしい香りが漂います。
口コミでも大人気の、焼きたてパンは必須ですね。
他にも昼、夜食には鉄板焼きやバーベキュー、郷土料理など
7施設から選択が可能です。
ホテル自慢の料理を堪能してくださいね!

オクマプライベートビーチ&リゾート

【住 所】沖縄県国頭郡国頭村字奥間913
【電 話】0980-41-2222
【ホームページ】https://okumaresort.com/

ザ・ブセナテラス(沖縄本島)

ザ・ブセナテラスは沖縄県名護市に位置し、沖縄本島でも指折り数える
高級リゾートです。

敷地内にあるクラブコテージは、デラックススイート・スーペリアスイート・
ラグジュリアススイート・プレジデンシャルスイートの4タイプあります。
広々とした空間と厳選された家具が、特別な滞在時間を演出してくれます。

デラックススイートは2名まででコテージ2階にあるので、
テラスからの眺めは最高です。
ハネムーンや大切な人との旅行に利用する方が多くなっています。

スーペリアスイート・ラグジュリアススイート・
プレジデンシャルスイートの3タイプは、庭にプライベートプールが
付いている贅沢仕様です。
塀代わりに緑で建物が囲まれているので、他の誰にも見られない、
ご自分だけの空間を楽しむことができます。

プレジデンタルスイートは、海につながっているように見える
インフィニティプールに広々としたテラスが、心も身体も満足する
至福の時間を満喫できます。
夕方になれば、水平線に沈んでいく美しい夕日を独占。
ゆったりと流れる時間を心ゆくまで堪能できます。

ザ・ブセナテラスの食事会場は和洋折衷選べる多彩なレストランが8施設と、
ラウンジ&バーが4施設あり、とても充実しているので、来るたびに
どのレストランに入ろうか迷ってしまいます。

高級ホテルが織りなすおもてなしの1つ、クラブコテージ利用の方は
クラブラウンジでのチェックインが可能です。
ティータイムやカクテルタイムなど、ホテルよりもワンランク上の
サービスが利用できるのもザ・ブセナテラスならではですね。
クラブコテージだから受けられるサービスを上手に利用して、
沖縄の思い出をより深いものにしましょう。

ザ・ブセナテラス

【住 所】沖縄県名護市喜瀬1808
【電 話】0980-51-1333
【ホームページ】https://www.terrace.co.jp/busena/

石垣シーサイドホテル(石垣島)

沖縄県石垣市、石垣島に位置する石垣シーサイドホテル施設内にある
かびらビレッジでは、かやぶき屋根が印象的なポリネシアン風の
戸建てコテージです
全19棟が立ち並び、部屋の総面積47㎡に対してバルコニーが18㎡もある
快適なスペースが大きな特徴です。

部屋内は、木の温もりを感じながら過ごすことができます。
高い天井も開放感バッチリ!
緑溢れる自然と調和された快適な空間を楽しむ事ができます。
異国の空気を漂わせながらも、石垣島での滞在をより深くする
プライベートな空間と多彩なアイテムが心を躍らせます。

食事は朝食でのブッフェスタイル、昼食は海ランチ、夜はプールサイドでの
食べ放題バーベキューなどを取り揃えているので、選びきれないほどの
豊富な品揃えにビックリします!
お腹いっぱい食べた後はコテージに戻ってゴロゴロするのも、
贅沢な過ごし方ですよね!

石垣シーサイドホテル(かびらビレッジ)

【住 所】沖縄県石垣市川平154-12
【電 話】0980-88-2421
【ホームページ】http://www.ishigaki-seasidehotel.com/stay/kabira.html

シギラベイサイドスイート アラマンダ(宮古島)

100万坪の敷地を誇る「シギラベイサイドスイート アラマンダ」では、
楽園と呼ばれるのにふさわしいリゾートです。
なくてはならない自然の姿をそのままに、そして青く澄みきった空に映える
沖縄らしい造りはステイをより満足いくものにしてくれます。

「プールヴィラロイヤルスイート」では、緑溢れる木々が
優しくコテージを包み込み、プライベートな時間が約束される建物です。
部屋には上質な家具のみが配置され、リゾートにふさわしいものだけが
設置されています。

プライベートプールをはじめ、恵みの海風と太陽の光をいっぱい浴びながら
ゆっくりティータイムを楽しむなど、リゾート感を心ゆくまで味わえます。
贅沢でハイセンス溢れる寛ぎ空間は、まさに至福の時間となるでしょう。

ご夕食は鉄板焼カウンター(6歳以上)や沖縄、宮古島特有の食材をいかし、
会席料理をベースにした和琉創作のマラルンガ、宮古ブルーの海を
180度見渡せる絶景が魅力的なカフェ&ピッツァレストラン
「スターダストガーデン」、地元のお客様からの絶大な支持を頂く炭火焼肉
「琉宮苑」などリゾート内は多彩で豊富な13レストランをご用意。
宮古島ならではの最旬の食材をシェフが心を込めて作る、間違いなく
確かな味を堪能できます。
朝食はブッフェスタイルで、リゾート気分を満喫しましょう。

シギラベイサイドスイート アラマンダ

【住 所】沖縄県宮古島市上野字新里926-25
【電 話】0980-74-7100
【ホームページ】http://www.nanseirakuen.com/allamanda/index.html

今回は、高級コテージを紹介させてもらいました。
どこも極上のサービスを受けられるコテージばかりです!
沖縄の自然との融合された施設は、どこを選んでも間違いなしの
おもてなしをしてくれます。
一緒に旅行に行くパートナーと、ファミリーと憧れのコテージに滞在して、
ぜひ沖縄を満喫してくださいね!

最後までお付き合い頂きアリガトウございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存