冬の沖縄は寒い!気温は高いが、体感温度は・・・?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

はいさい!

シーサー夫です。

昨日から、気温が下がり冷え込んでいる沖縄県です。

一昨日は20℃超えからの一気に15℃なので・・・

身体がついて行かないんですよね~

スポンサーリンク

体感温度は、気温・湿度・風速から計算できます。

皆さん、体感温度って知っていますよね。

体感温度とは?
人間の肌が感じる温度の感覚を、定量的に表したものです。
人間の温度感覚は、皮膚面の水分(汗)が蒸発したり、皮膚面の熱が
奪われたりすることで生ずるものです。

こうした体感温度は気温だけでなく、実際には湿度や風速等によって
影響されやすく、風が強いときほど体感温度は下がります。

ただし体感温度は、湿度・風速・日照量といった気象・環境条件の他に、
服装・代謝量・年齢・性別・健康状態等、人体条件の影響も受けるため、
その感覚は千差万別なんです。

ちなみに、計算方法は?
ミスナールの計算式(改良版)という方法で求めています。

頭が痛くなるような、計算方法ですね(笑)

では実際に今朝の沖縄県(那覇市)の気温で求めていきましょう。

今日の朝9時の時点での気温は16℃、風速は5.6m/s、湿度が58%です。

それを便利な体感温度計算表に当てはめると・・・

ナント!

驚きの体感温度は・・・6.8℃でした~

だからどうしたって?って思っている方もいるでしょうね。

こっちはもっと体感温度が低いよ!って。

そうですよね。

今日の全国の気温を見ても、1番寒いのが北海道の釧路で
最高気温が-1℃で最低気温は-13℃ですよ!

体感温度はいったい何度になるんだろ?

考えたくもないですね。。。失礼しました。

冬の沖縄と夏の沖縄の風景を比べてみました。

日本には有り難い事に、四季があります。

4つの季節によって、色んな風景を見れるのも日本に生まれてきて
良かったなと思える瞬間ですよね。

4季それぞれの季節感ある風景は癒されますよね。

実際、沖縄でも顔(風景)が違ってくるんですよ~

いつも子供達を送迎した後に見る海ですが・・・今朝の1枚です↓

沖縄っぽくないですよね(笑)

同じ場所からの夏場はこんな感じでした~

沖縄~って感じの1枚ですよね!

次に・・・・近所のビーチです↓。

これが、夏場は・・・

見事な沖縄のビーチでしょう?

やっぱり、冬のイメージが弱い沖縄県には夏のイメージしか出てこないですよね。

沖縄移住する前は、まさか冬がこんな寒いとは思いませんでした。

身体が完全に沖縄仕様になってしまったのかな?

今日も・・・ダウンを着て出かけないと・・・

これから時期、沖縄旅行に来る際は体感温度を測って
服装を準備するのをオススメします。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存