「サガリバナ」は夏に一夜だけ咲く幻の花で、見ると幸せになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

はいさい!

シーサー夫です。

沖縄県の花といえば・・・県花にもなっている「デイゴの花」

もしくは、ハイビスカス?

色鮮やかな花は、沖縄を象徴していますよね~

スポンサーリンク

サガリバナは一夜限りの幻の花

そんな沖縄の花の中でも・・・・

幻の花と言われている「サガリバナ」という花があるんですが、この花がスゴイんです。
なにがスゴイって?

咲いている姿と、落ちて重なり合っている姿!

見たことありますか?

めちゃくちゃキレイでしょう?

私も、はじめて見た時は感動しました^^

咲いている姿もキレイなんですが・・・

道に落ちた姿が、これまた素晴らしいんですよ~

花が落ちた後は、幻想的なサガリバナのじゅうたんが出来ます。

沖縄県では、いまからのシーズン6月下旬~7月下旬ごろに見られます。

そうなんです!期間限定なんです。

なので・・・その時期に沖縄旅行来た方にはオススメですよ!

サガリバナはアフリカ東部から東南アジア、そして太平洋の南の諸島に広く分布する
常緑樹に咲く花です。

日本だと沖縄や奄美諸島に多く生育しています。
10m程度の小高木で、その枝から長さ60cmから1mほどの花序が垂れ下がり
そこに花を咲かせることからサガリバナと呼ばれます。

1つの花序には20以上ものつぼみを付け、夏の夜に花を咲かせて翌朝には散ってしまいます
つまり昼には見れない花ということです。

まさに夏の夜の風物詩のサガリバナです。

夏の夜に一夜だけ花咲き、花びらは色鮮やかで、まるで夜空に咲く花火のようです。

また、甘い香りを漂わせるのも特徴的です。

最近では、観光バスで夜のサガリバナ観賞ツアーが組まれるほどの人気なんですよ!
花が咲く前は・・・?

こんな丸いつぼみを見つけたら狙い目ですね~

こんな風に白い球状の花が付いていたら、高確率でその日の夜にサガリバナが咲きます。
その日の夜ないし翌明け方には咲くので・・・要チェックです。

早起きしてサガリバナの花とその散り際を見に行きましょう!

沖縄本島には、観賞スポットがあるのでご紹介しておきますね。

本島南部:『内間御殿(うちまうどぅん)のサワフジ(サガリバナ)』

住所:沖縄県西原町字嘉手苅(西原東児童館すぐ横)

時間:日没以降

入場:無料
本島中部:『座喜味(ざきみ)のサガリバナ』

住所:沖縄県読谷村座喜味5-7-7(よみたんそん ざきみ)

時間:20:00~22:00

入場:無料
本島北部:『真喜屋(まきや)のモーカバナ(サガリバナ)』

住所:沖縄県名護市真喜屋151(なごし まきや)

時間:21:00~23:00

入場:無料

※サガリバナの花言葉は、「幸運が訪れる」です。

この夏は沖縄旅行でサガリバナを観賞して、幸運を招き入れてみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合い頂きアリガトウございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存