沖縄県の夜の観光スポット「キクミネーション」でインスタ映えの写真を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

はいさい!(こんにちは)

沖縄県内には観光スポットが、数えきれないくらいあります。

そんな観光スポットの中で、最近では”インスタ映え”
というのが流行っていますよね。

今回は、夜の観光スポットで”インスタ映え”をする
写真が撮れる場所をご紹介します。

スポンサーリンク

「キクミネーション」ってなに?

沖縄県ではその温暖な気候を生かした花卉(かき)、観葉植物などの
栽培がとうぜん盛んです。
あんまり結びつきませんが、中でも菊の生産量は全国2位なんです。
その生産量を支えてるのが開花を調整する「電照菊」と呼ばれる手法です。
沖縄県では、12月から3月の冬季にかけて見られる光景で、
最近では「キク」と「イルミネーション」をかけて「キクミネーション」
という呼び名で親しまれています。

電照菊を観れる地域も限られています。
糸満市、八重瀬町、読谷村、恩納村、伊江島など様々な地域で
見ることができますが、どの地域も明かりが灯るのは時期的に
12月から3月の夜の11時ごろから翌2~4時ごろまでです。
なのでもちろん、公共交通機関は動いている時間ではありません
レンタカーでの利用がおすすめです。

今話題になっているサンセットファーム

そんなキクミネーションを利用し、夜の観光スポットとして有名になり
インスタ映えの写真が撮れると話題になっているスポットが
読谷村にあります。

沖縄県読谷村儀間の菊農園「サンセットファーム」では
今年の4月末から、電照菊畑のイルミネーションを夜の観光スポットに
仕立てた「キクミネーション」が実施されています。

約千個の電球が輝く広大な農園内で写真映えする空間を作り上げ、
ゴールデンウイーク中に5日間で約400人が来場するなど
SNSで反響を呼んでいます。

敷地内にはハンモックやテーブルなどを並べ、電球の色も白だけでなく
オレンジ、赤の3色にするなど工夫もされています。

園内ではアクセサリー作り体験などもやっていて、ドライフラワーにした
菊を使ったアクセサリー作り・ピアスやヘアゴムなども作れます。
幻想的な雰囲気の中で、子供や恋人と一緒に体験するのも楽しそうですね。


Sunset Farm Okinawaのfacebookより

「キクミネーション」の営業時間は毎週金、土曜の午後7~9時。
観覧無料で、アクセサリー作り体験は1500~2500円。

場所や詳細に関しては、Facebookより直接DMを送る形になっています。
サンセットファーム⇒Facebook

直近では、本日5/31日と明日6/1がオープン予定になっています。
以下はサンセットファームのFacebookページより抜粋しました

【Next OPEN予定日】
2019/5/31 FRI  2019/6/1 SAT
【時間】
19時オープン  21時クローズ
【場所】
GMAPにて「キクミネーション」と検索すれば
SUNSET FARM キクミネーションの場所が表示されます。
【入場】
無料
※穀物コーヒー無料
【体験】
①菊のアクセサリー手作り体験
1500円〜2500円
②花の鉢入れ体験
500円
③菊の花束づくり体験
500円
【販売】
花、植物、ポットect

観光スポットとはいえ、近くには民家もあり隣の敷地は
違う農家の方の土地ということもあり注意事項もあります。

⚫︎天候や当社の都合で中止になる場合がございます。
その場合はSNSにて当日18時までに報告いたします。
お客様の安全を最大限確保しファームを楽しんでいただくためなので
ご理解下さい。
※中止の場合は点灯もありません。
⚫︎トイレはありません。
⚫︎食事の提供はありません。
⚫︎ファームのため自然いっぱいです。植物や虫、農業資材、農業機械が
苦手な方はご遠慮ください。
⚫︎ファームの足元はウッドチップのため歩きやすい靴でお越しください。
⚫︎植物、農業資材、農業道具などは扱い方次第で非常に危険です。
子供達の安全は親が責任もって確保してください。
⚫︎営業日以外はファーム内に入らないで下さい。
※営業日以外の電照もありません。
⚫︎近隣農家、近隣住民に迷惑がかからないようルールを守って下さい。
⚫︎車を駐車の際は農道特有の深い側溝に気をつけて下さい。
⚫︎ファームとその周辺では自己責任で行動して下さい。
※ケガ、事故、虫や動物による被害があっても一切の責任を
当社はおえません。

沖縄県の夜の観光スポット「キクミネーション」で
インスタ映え写真を撮ってみてはいかがですか?

最後までお付き合い頂き有難うございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存