3世代で楽しむ6月の沖縄旅行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

はいさい!(こんにちは)

5月、6月といえば・・・「母の日」「父の日」が
続く時期でもありますよね。

お父さん、お母さんに沖縄旅行をプレゼントと!いうのも
最近では増えてきているようです。

3世代で楽しめる沖縄旅行を特集してみました。

スポンサーリンク

なぜこの時期の沖縄旅行がオススメ?

GWの大型10連休が明けてから6月は、沖縄旅行の航空チケットや
ツアー料金がグンとリーズナブルになってくる時期です。
沖縄では梅雨の時期ですが、一日中ずっと雨が降っていることは少なく、
晴れ間も多かったりするので・・・・実はねらい目の時期でもあります。

気温も30℃台になる真夏に比べると、24~26℃前後なので、
シニア世代や小さな子供、暑さが少し苦手な方との夏の先取り旅行には
大変おすすめです。

父や母、子供での2世代沖縄旅行や・・・お孫様も一緒の3世代沖縄旅行など、家族構成や様々なシチュエーションに合わせて、組み合わせいく沖縄旅行
を楽しんでみてはいかがですか?
雨の日なら室内で楽しめる計画も取り入れて、沖縄を満喫できるプランを
考えるのも楽しいですよ。

3世代で楽しめる沖縄観光スポット(北部編)

美ら海水族館

●全長8.7mものジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、多種多彩な魚たちが
泳ぐ大水槽は、巨大アクリルパネルで高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm
もあります。
サメやエイ、そのほか黒潮の回遊魚にも手が届きそうな感動と
興奮を楽しむことができますよ。

●沖縄の美しい海を彩る「サンゴの海」水槽では屋根をなくして、
自然光をいっぱいに採り入れた300m³の大水槽でサンゴが展示されています。
サンゴのほとんどは10年以上もかけて育てられたそうで。
サンゴ礁に暮らす魚たちも賑やかに泳ぎまわり、サンゴの成育を妨げる
海藻やイソギンチャクを駆除する役目を果たしてくれています。

●沖縄を取り囲む美しい海の底には、神秘的な生き物がたくさん
生息しているのをご存知ですか?
水深200~700mで生きる深海の生き物を見ることができます。
ハマダイ、ナガタチカマス、発光エビ類など、飼育が非常に困難と
言われる珍しい生き物をみれます。
深海の環境やそこで暮らす生き物を、映像やパネルで解説する
コーナーもあるのでわかりやすいですよ。

【住所】沖縄県本部町石川424(海洋博公園内)
【営業時間】通常期 (10月~2月)8時30分~18時30分(入館締切17時30分) 夏期(3月~9月) 8時30分~20時(入館締切19時)
【駐車場】あり(無料)
【問い合わせ(TEL)】0980-48-3748

【ホームページ】 https://churaumi.okinawa/

むら咲むら

年間約20万人の来場者数を誇る観光テーマパークが
「体験王国むら咲むら」です。
敷地は1万5千坪と広く32の工房があり、体験できるメニューは
101種類あります。
工芸品作りはもちろん、沖縄そば打ち、ちんすこう作り、沖縄空手、
ジンベエザメと泳ぐといったメニューまであります。
内容の豊富さと独自性が際立ち、子供から大人まで満足の行く
時間を過ごすことができます。

【住所】   読谷村高志保1020-1
営業時間】 10:00~18:00(最終受付17:00)
休業日】  年中無休
料金    大人600円 中高生500円 小学生400円 体験は別途

【ホームページ】 http://murasakimura.com/

オキナワ ハナサキマルシェ

2019年の3月にオープンした、グルメ&ショッピング(お土産・ファッション)
・手作り体験・宿泊が楽しめる複合施設です。
ひとつの施設でいろいろと楽しめて、施設間の移動が少ないのは、
雨の日には嬉しいポイントの1つですね。
小さなお子様やおじいちゃん、おばあちゃんが一緒の旅行では、
さらにその魅力も増すのではないでしょうか。
コンドミニアムタイプのホテルも併設しており、美ら海水族館や
古宇利島などの人気の観光スポットにも近いので宿泊すればさらに便利です。

【住 所】〒905-0205 沖縄県国頭郡本部町山川1421

【ホームページ】https://hanasaki-marche.com/

各店舗情報や営業時間などの確認はホームページで確認してくださいね。

シーサーパーク琉球窯

沖縄の玄関先に置かれている守り神、シーサー!
お土産としても人気の高いシーサーを自分で作れる体験工房があります
予約なしでもOKというのが良いですよね。

〇琉球窯の体験工房内は、シーサーテーブル200席、電動ろくろ5台。
沖縄随一の規模を誇り、沖縄伝統のシーサー作り体験や
電動ろくろ体験が出来ます。

・作って直ぐにお土産として持ち帰れる「シーサー絵付け」「素焼シーサー
・琉球土をこねて作り上げる「陶器シーサー
・漆喰(しっくい)と赤瓦で作る「漆喰シーサー
・泡盛壷が作れる「電動ろくろ

本格的な沖縄の赤土を使ったものから、かわいくて簡単な絵付けだけの
コースなど様々な体験コースがあるので、子供からお爺ちゃん、お祖母ちゃん
まで一緒に楽しんでみてはいかがですか。

住所     沖縄県名護市為又479-5
営業時間】   10:00~19:00(最終受付18:00)
休業日】    年中無休
料金     入場無料 体験は別途
問い合わせ】  0980-43-8660
アクセス   許田I.Cより車で約15分

【ホームページ】 http://taiken-jp.net/ryukyu/

今回は、3世代で楽しめるこの時期にお勧めの沖縄旅行
ご紹介しました。

父の日&母の日のプレゼントとしても喜ばれること間違いないですよ。

最後までお付き合い頂き有難うございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存