沖縄本島から行ける何もない無人島で癒されてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

はいさい!(こんにちは)

昨日、自宅のポストに入っていた広告。
沖縄本島から船で15分で行ける離島があるんです。

最初、沖縄県の本島の海の色と美しさにビックリしましたが
移住してもっと驚いたのは離島の美しさです!

スポンサーリンク

無人島のコマカ島&ウカビ島

観光スポットの斎場御嶽やおきなわワールド、ガンガラーの谷など
数々の観光スポットがある南城市です。
南城市は、サトウキビ畑や民家が並び、昔ながらの沖縄を
感じることができるのんびりとした雰囲気がある地域です。

斎場御嶽のすぐそばに知念岬公園という高台からの景色が
有名な場所があります。

その知念岬公園からも、臨むことができるのが小さな島々です。
潮の引いているときは、白い砂浜が浮かび上がり自然にできる無人島が
いくつも出来上がります。

今回紹介する「コマカ島」「ウカビ島」も自然が織りなす無人島です。
普段はだれも住んでおらず、無駄なものは持ち込まないので
手つかずのままの状態で残っている島です。

コマカ島にある人工物はトイレだけです

知念半島の3キロ沖に浮かぶ「コマカ島」は、周囲800メートルしかない
無人島で、あざまサンサンビーチの隣にある知念海洋レジャーセンターから
ボートに乗って15分程度で行ける離島です。

1時間に2便ボートが出ているため、気軽に行けるのが魅力的です。
ちなみに船賃は往復大人料金2500円です。
10名乗りの小さなボートにライフジャケット(貸し出し無料)を着けて
乗り込みます。
波が高めの日は船の運行がストップするので、事前に電話で
知念海洋レジャーセンターに確認することをオススメします。

コマカ島で出来ること
・シュノーケリング、体験ダイビング、ファンダイビング、バナナボート、
 マーブル、ウェイクボード
・BBQ
・無人島探索

ボート乗り場がある、知念海洋レジャーセンターでレンタル用品が
取り揃えてあるので手ぶらで行っても大丈夫です!
ただし水着は持参してくださいね~
※コマカ島には更衣室ありません

レンタル出来るもの(知念海洋レジャーセンター)
・ビーチパラソル 1000円~
・ビーチサンダル 200円
・シュノーケル4点セット 1500円
・ウェットスーツ 1000円
・浮き輪 500円
・レジャーシート 100円

砂と珊瑚のカケラで出来た島「ウカビ島」

地図にも載っていないウカビ島は、知念海洋レジャーセンターの
港からのみボートでの送迎があり、港から3分で着きます。

その名の通り小さな砂浜が盛り上がってできた島なので、
360℃見渡すことができるのが、まさに圧巻です。

無人島を独り占めしているような気分を味わえますよ。
無人のビーチでのびのびと海水浴を楽しんだり、シュノーケリングを
したり遊び方は自由自在。
ボートの送迎時間は特に決まっていないので、心ゆくまで
満喫できるのが魅力ですね。

本当に何もない砂浜なので、飲み物・食べ物を持っていく事をオススメします。
夏の時期は暑いので、熱中症や日焼け対策は万全に。

【ボート乗船料金】
往復
大人 1400円、小学生 700円、小学生以下無料

無人島だからこそ決まり事(禁止事項)があります

  1. 遊泳区域が指定されていますので必ずお守りください。
  2. シュノーケリングはライフジャケットを必ず着用して下さい。
  3. 泳ぎの苦手な方、心配な方は浮具うきわ等を使用してください。
  4. お子様だけの水遊びは禁止です。
  5. ゴミ・たばこの吸い殻は島に捨てないで、港のゴミ箱に捨てて下さい。
  6. ビン類の持込禁止です。
  7. 生き物の持ち出し禁止です。
  8. 釣や魚捕りは禁止です。
  9. ドローン使用禁止です。
  10. バーベキュー食材の持込禁止です。


【問い合わせ】
知念海洋レジャーセンター
098-948-3355
南城市知念久手堅676

最後までお付き合い頂き有難うございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存