一生に一度は見てみたい「グリーンフラッシュ現象」南国沖縄で軌跡を起こす?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

はいさい!(こんにちは)

世の中には、軌跡の瞬間が起きる場面があります。

「グリーンフラッシュ」もその1つです。

様々な条件が揃わないと見ることが出来ないとされている
「グリーンフラッシュ」一度は見てみたいですね。

スポンサーリンク

「グリーンフラッシュ」って何の事?

神秘的現象の1つとして「グリーンフラッシュ」があります。
一生に一度でも見られればかなりラッキーなほど・・・・
超レアな神秘的現象と言われている「グリーンフラッシュ」は
まだまだ謎に満ちています。

そこで、グリーンフラッシュが見られるスポットや様々な
グリーンフラッシュの謎を解明していきたいと思います。

グリーンフラッシュ は、太陽が完全に沈む直前、または昇った直後に、
緑色の光が一瞬輝いたようにまたたく、非常に稀な現象の事です。
緑閃光(りょくせんこう)ともいわれています。

グリーンフラッシュが出来る仕組みや条件は?

グリーンフラッシュの仕組みは?

虹を見ていても分る様に、太陽の光には短波長域の青から
長波長域の赤までの様々な色が含まれています。

グリーンフラッシュは大気中での光の波長毎の屈折率の
違いによって起こります。

地球の丸みに沿って丸くなっている大気がプリズムとなり、屈折によって
太陽の上側にずれて見える波長の短い緑色の光が地平線や水平線に沈む
一瞬だけ強く浮き上がることで起きる仕組みです。

グリーンフラッシュが出来る3つの条件とは?
グリーンフラッシュが発生する1つ目の条件は、大気がとても
澄み渡っている事が必要です。
グリーンフラッシュは大気と光の屈折によって発生しているからです。

2つ目の条件は、水平線または地平線付近での気温差によって、
光の屈折率が拡大することです。
大気と光の屈折によって起こるグリーンフラッシュには、この条件も
欠かせない条件の1つです。
そして、太陽の位置が低ければ低いほど、大気での屈折率も拡大します。
なので、水平線や地平線間際で夕日が沈む瞬間や、水平線や地平線間際からの
日の出直後にグリーンフラッシュは発生しやすくなります。

条件の3つ目は、大気中と地表面における温度の差が大きいことで、
水平線または地平線付近だけでなく他の場所からも見ることができます。
それは、ビーチ等で見れる日の出や夕日以外にも、標高の高い山や
飛行機に乗った時の高所からも雲が少なく大気が澄み渡っていれば、
グリーンフラッシュを見えるということです。
気温差があるということは光の屈折率を拡大する為に必要な要因で、
海は特に気温差が大きいですし、標高の高い場所も大気中と地表面の
温度差が大きくなります。

グリーンフラッシュが沖縄県で見れるポイントは?

神秘的な現象のグリーンフラッシュに遭遇しやすいスポットは・・・・
水平線がどこまでも見渡せるような広大な視野が広がる海やビーチが
ベストポイントになるそうです。

今までに、沖縄県で確認された場所は?
1番有名なのが、離島の石垣島です。
石垣島にある底地ビーチは、数多くの確認がされているスポットです。
その他にも、本島では本島中部の宜野湾市や北谷町、本島北部の恩納村
などの西海岸地域で、夕日が沈む時間帯に確認されています。

とくに沖縄本島北部にある本部町では、「グリーンフラッシュビーチ」と
名の付くビーチも存在するほどです。

北は、北海道から南は沖縄まで日本全国でも、様々なエリアやスポットで
神秘的現象の「グリーンフラッシュ」は数々と観測されています。
グリーンフラッシュの遭遇率が日本一の小笠原諸島の父島に次いで、
沖縄諸島やその周辺地域は、結構多くのグリーンフラッシュに遭遇できた
報告があがっています。

沖縄旅行で訪れた時には、夕暮れ時にはぜひ水平線を
チェックしてみてくださいね。

さまざまな条件が揃わないと発生しないこともあり、めったに
見られることはありませんが、ハワイやグアムでは見た人は
幸せになるとの言い伝えもあります。

グリーンフラッシュは一生に一度見られればラッキーな程の
神秘的な現象です、だからこそ、グリーンフラッシュを
見に出かけてみませんか?

最後までお付き合い頂きアリガトウございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存