【車で行ける離島巡り】県民のソウルフード「天ぷら」で有名な奥武島。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

はいさい!

シーサー夫です。

沖縄県で有名なった1つに・・・天ぷらがあります。

沖縄県では、オヤツによく食べられていた天ぷら

そんな天ぷらで有名になったのが・・・奥武島です!

スポンサーリンク

昔ながらの沖縄の生活が残っている祈りの島

那覇空港からも車で40分で行ける、南城市の奥武島。
人口は約950人の小さな島で、沖縄本島とは150メートルの橋で
繋がれた離島です。

漁業の島として栄え、現在は名物の沖縄天ぷらを目当てに観光客のみならず
地元の人々も足繁く通う島です。

のんびりとした離島らしい雰囲気に包まれ、祈りの島といわれるほど
多くの拝所(神を拝む場所)がそこかしこに点在しています。

美しい海と深い緑、自然や神々への畏敬の念に溢れる島内の魅力は
ゆっくりと徒歩で回ってこそ味わえる。

橋で繋がってからまだ80年足らずなので・・・
島の人々の感覚はまだ離島のままなんです。
島内の様子は大きく変わることなく、街並みも雰囲気も当時のままなので
昔からの沖縄を見るのには絶好の島だと思います。

奥武島といえば・・・沖縄県民のソウルフード”天ぷら”です

今や沖縄のガイドブックには、必ずといって登場してくるのが
奥武島の天ぷらです!

沖縄旅行で1度は立ち寄って、食べた事があるんじゃないですか?

奥武島には、毎日行列が出来るのほどの賑わいをみせる「中本鮮魚てんぷら店」
「大城てんぷら店」「テルちゃんいまいう市場」があります。

橋を渡ってすぐ見えてくるのが「中本鮮魚てんぷら店」です。


天ぷらで賑わいだしたのは20年ほど前だそうです。

お品書きは「いか」や「やさい」といった定番のほか、「グルクン」に「紅芋」など
種類豊富なメニューが並んでいます。しかも安い!

最近では、外国の観光客が増えてるのかな?
英語表記にもなっていますね~

メニューの中でも奥武島でとれた「もずく」や「アーサ」を使ったてんぷらは大人気。

本土の天つゆに付けて食べる天ぷらとは違って、沖縄の天ぷらは・・・
衣に味が付いているのでそのまま食べるんです!

ソースや七味を合わせて食べるのもツウな食べ方みたいですよ。


土日は売り切れ必至なので早めにゲットするのをオススメします!

「大城てんぷら店」や「テルちゃん いまいゆ市場」の天ぷらもそれぞれ味わい深く
ネタのバリエーションも千差万別。

衣の付け方、味付け、揚げ方など、いろいろ工夫しているので
散策がてら食べ比べるのも楽しいかも知れませんね~

沖縄旅行に来た際には、奥武島人気の火付け役ともいえる
絶品てんぷらをぜひその場で 味わってみてくださいね!

最後までお付き合い頂きアリガトウございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存