シーミー(清明祭)は沖縄県民にとって1年に1回の大切な行事なんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

はいさい!

シーサー夫です。

この時期になると・・・

テレビや新聞などでも、チラホラと目や耳にする言葉があります。

シーミー(清明祭)です。

スポンサーリンク

シーミー(清明祭)は沖縄県民にとって大切な行事

やたらと、スパーやコンビニなどでもかなりの確率で見る言葉です。

ビックリしたのが・・・

スーパーでは、シーミー(清明祭)のコーナーまであるんです!

県外の方は、シーミーと聞いても何の事やら?ですよね。

シーミー(清明祭)って何?

本土でいうところの、お墓参りです(簡単にいえば)。

でも・・・ただのお墓参りではなく、その日だけは本土にいる親戚も帰省してきて
親戚一同が集まる(多くて80~90名)沖縄県民にとっては大切な行事なんです。

「清明(シーミー)」とは中国から伝わった「二十四節気」の一つです。
旧暦で3月の晴明の節の期間ですが、新暦では4月となっています。

「清明入り」から、二週間の間に行われる祖先供養の行事のことで
家族、親戚で先祖が眠るお墓へ行き、墓庭を掃除しお供え物を準備したら
お墓の前でビニールシートを広げて御重を皆で食べるんです!

シーミーの歴史

清明祭は1768年から始まったとされています。

琉球王国の歴史が記された史書の「球陽(きゅうよう)」中には
1768年ごろに毎年、清明祭を行うことを定めるという記述されています。

これ以降、沖縄を中心に徐々に清明祭の文化が広まり、現在のように一般的に
定着していったようです。

シーミーの御重には決まり事がある


正式な重箱の中身は、田芋、昆布、ゴボウ、こんにゃく、皮付き三枚肉、かまぼこ
揚げ豆腐、てんぷらなど、9品を詰めます。
用意する料理の種類は奇数個と決まっているようです。

昔は必ずといっていいい程、家で御重を作っていたそうですが・・・・

今は、スーパーなどで予約を受け付けています。

これなら、家のかたもラクですよね~

「うちかび」を燃やす?

シーミーの時に、1人ずつ「うちかび」を燃やす風習があります。

「うちかび」これも本土の方には、馴染みがない言葉ですよね~

「うちかび」はこんなのです↓


「うちかび」は「打ち紙」と書き「紙銭」とも呼ばれ、ご先祖様があの世で使うお金の事。
わらを主な原料として、全面に銭型が打ちつけられています。

ご先祖様があの世でお金に困らないように、という願いを込めてうちかびを燃やし
ご先祖様を見送ります。
中国や台湾などにも同じような風習があり、そこから沖縄へ伝わったといわれています。

そういえば・・・・

先日、ケーキ屋さんに行った時にもビックリしました~
ケーキ屋さんでもシーミーが大きく関係していたんです。

やっぱり、沖縄県では県をあげての1大イベントなんですね!

ご先祖様を敬う心は沖縄県だけでなく、みんなが持っていなければいけない事です。

ご先祖様がいなければ・・・・今の私達は存在すらしていないので(うーとーとぅ)。

最後までお付き合い頂きアリガトウございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存