リピーターが多い宮古島の魅力とシュノーケルを楽しむためのポイント。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

はいさい!

シーサー夫です。

沖縄県といえば・・・「青い海

初めて沖縄の海でシュノーケルした時の感動は今でも忘れていません。

同じ沖縄県でも、離島の海は全然違うと言われています。

今回は、離島の中でも格別だと評判の宮古島に注目してみました!

スポンサーリンク

宮古島は、なぜリピーターが多いのか?

沖縄県の離島いえば・・・・宮古島と石垣島ですよね。

宮古島は特にリピーターが多いことで有名です。
宮古島の海に魅了されたダイバーは毎年のように宮古島に帰ってきます。

本州の海に比べれば、沖縄の海は一様に美しいのですが、やはりその島ごとに
海の色は異なってきます。

宮古島の海の色はまた格別なんです。
ダイビングに来るリピーターが多いというのも頷けますよね。

宮古島は水面に浮かびながら海中散歩を楽しめるシュノーケリングの
絶好のロケーションなんです。

宮古島の海は、浅瀬の海が素晴らしい!

宮古島のポイントには浅瀬が多く、浜から泳いでいける場所が多いんです
だからボートに乗らなくてもシュノーケリングが楽しめる絶好の場所なんです。
シュノーケリングで泳いで「楽しい」と思える好ポイントが島々の
あちらこちらに点在しています。

子連れで楽しめるポイントから、上級者向けのポイントまで幅広く
揃っているのが宮古島にリピーターが多い理由の1つですね。

宮古島でシュノーケルするなら、ココは外せないという
ポイントを紹介しますね。

子連れは「イムギャーマリンガーデン」がオススメ

クリックすると新しいウィンドウで開きます

「イムギャーマリンガーデン」は入り組んだ南海岸の地形を利用して造られた
海の公園なんです。

子連れにオススメの1番のポイントは、波が少ない事!
展望台に向う橋を堺にインリーフとアウトリーフに別れていて
インリーフでは波が殆どなく穏やかなので子供を遊ばせるのには最適なんです。

展望台や遊歩道、休憩所、もちろん駐車場やトイレなども整備されています。
公共の施設で無料なので、地元の方も多く利用していています。
浜から数十メートル泳げば、ハマクマノミが棲む
巨大クマノミ団地」があります。

橋の下まで行くと深さもあるので、上級者は潜って楽しむ事ができます。
まさに家族連れから中上級者まで楽しめるシュノーケルポイントです。

初心者から中上級者まで幅広く楽しめる吉野海岸・新城海岸

吉野海岸」は、宮古島の南東端に突き出た名勝地・東平安名崎の2キロほど
北西にある自然のビーチです。

ビーチから数メートルでサンゴ礁が見れる、正にシュノーケリングを
する為のビーチです。
一面に広がるサンゴ礁と色とりどりの熱帯魚たちは感動ものです。


ニモで有名なクマノミや、スズメダイ、チョウチョウウオから
1メートルほどもあるカマスといった魚たちが、すぐそばで見れるのが魅力。

シュノーケリングセットを貸し出すお店や、シャワーもあって
手ぶらでも楽しめるのが嬉しいですね。

新城海岸」は、全体的にさらに水深が浅く、子どもたちでも
泳ぎやすいのが特徴です。

「二モ」に会えるビーチとしても人気を集めています。
運がよければアオウミガメに遭遇したり、数百匹のシマハギの群れに囲まれたり
思わぬサプライズがあるのもこのポイントの魅力でしょう。

休憩所やシャワー、トイレも整っている為、安心して1日を過ごす事が出来ます。

今年の夏は、宮古島でシュノーケルを楽しんでみませんか?

最後までお付き合い頂きアリガトウございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存