2018日本のベストビーチTOP10が発表されました。あなたのお気に入りは何位?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

はいさい!

シーサー夫です。

去年も、この発表の事に触れましたが・・・

やっぱり沖縄のビーチが気になりますよね

今年も発表されました!

スポンサーリンク

「2018日本ベストビーチTOP10」が決定!

旅行口コミサイトのトリップアドバイザーから、先日発表されたのが
2018日本ベストビーチTOP10」です。

毎年、発表される順位なので気になりますね。

自分のお気に入りが何位ぐらいに入っているのか?

ではでは、早速順位の発表をしていきますね~

第1位:古座間味ビーチ/座間味島(沖縄県)

沖縄本島からも日帰りで行ける離島として有名な
海の楽園「座間味ビーチ」。
シュノーケリングポイントとしては、沖縄一と胸をはります。

真っ白なコーラルサンドと、どこまでも透明なブルーの対比が美しく
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星がついた島のメインビーチ
波打ち際からほんの数メートル泳げば、色とりどりの熱帯魚と
たわむれることが出来ます。

ケラマブルーの世界を気軽に満喫できるシュノーケリング。
キラキラ輝くサンゴ礁の海でクマノミ、ウミガメとも出会えます。


2位:与那覇前浜ビーチ/宮古島(沖縄県)

宮古島では「マイパマビーチ」とも呼ばれ親しまれている
与那覇前浜ビーチです。
延々と7kmも続く真っ白い砂浜は東洋一といわれ、きめ細やかな
白砂と透き通ったコバルトブルーに輝く海とのコントラストは
目を見張る美しさです。

さまざまなマリンスポーツが楽しめる与那覇前浜ビーチは
全日本トライアスロン宮古島大会」のスイム、スタート、
ゴール地点にもなっています。

3位:ニシ浜ビーチ/波照間島(沖縄県)

波照間島は石垣島から高速船で60分飛行機で25分フェリーで2時間
竹富島や小浜島ほどアクセスはよくありませんが、日帰りでも
充分遊びに行ける島です。

この海を見るためだけに、飛行機と船を乗り継いで島へ行く価値は
十分にあるビーチです。
しかも1年を通してキレイですし、多少天気が悪くて
もここの海だけは外れなしです。
綺麗な砂浜が延々続くビーチで、何もしないでのんびり過ごし
この海を見ているだけでも、十分幸せな気分になることが出来ます。


4位:砂山ビーチ/宮古島(沖縄県)

沖縄、宮古島の美しい景色を写真でおさめるには最高のビーチです。
観光客に人気があり、夕陽ウォッチングもおすすめです。
砂山ビーチで有名なのは波の浸食によって出来たアーチ状の岩で、
白い砂浜に魅力的な造形美を与え、日陰もあります。

宮古島市の市街地から約4キロというアクセスの良さで、この絵のような
美しさのビーチへ行けます。
ビーチへは一度砂山を登ってから向こうへ下りなければならないため、
けっこう歩きづらいですが、砂山を越えると見えてくる青い海と白い砂に
思わず疲れも忘れるほど美しい景色が見えてきますよ。


5位:阿嘉ビーチ/阿嘉島(沖縄県)

阿嘉港(あかこう)のすぐ東隣にある、浜の一部が護岸で整備された
長さ300メートルほどのビーチです。
観光で訪れるような浜ではないので、つい見過ごしてしまいそうですが、
実はここのサンゴもとてもきれい。
もう一つの魅力は、泳いで出会うウミガメたち。
静かに辺りを散策すれば高い確率で遭遇します。

6位:イダの浜/西表島(沖縄県)

7位:白浜海岸/下田市(静岡県)

8位:白良浜海水浴場/白浜町(和歌山県)

9位:古宇利ビーチ/古宇利島(沖縄県)

10位:永田いなか浜/熊毛群屋久島町(鹿児島県)

1位~6位までが沖縄県で、TOP10のうち7つも沖縄県の
ビーチが入っていましたね。

沖縄県民としては、嬉しい限りです。

しかも、毎年家族で行っている「古座間味ビーチ」が1位に
輝いたのは正直嬉しいです^^

最後までお付き合い頂きアリガトウございました。

またや~さい!

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存