知ってました?沖縄の桜前線は南下していくんですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

はいさい(こんにちは)!

シーサー夫です。

沖縄では早くも桜が開花しましたよ!!

そのため沖縄県の今帰仁城跡では、今月の下旬から
2月上旬まで「今帰仁城跡の桜まつり」が開催されます

その開催に合わせて本土からも今帰仁グスク桜まつりツアー
組まれているみたいですよ

スポンサー リンク



今頃から咲き始めるのがカンヒザクラ(寒緋桜)です。

カンヒザクラ(寒緋桜)はバラ科サクラ属の植物でサクラの原種の一つです
旧暦の正月あたりに咲くことからガンジツザクラ(元日桜)と呼ばれることもあります

別名タイワンザクラ(台湾桜)、ヒザクラ(緋桜)とも言われます

桜前線といえば南から北に移動するのが当たり前
思っていませんか?

ナント沖縄では逆なんですよ!!

沖縄に良く見られるカンヒザクラは、沖縄本島の北部から咲き始め
本島南部、宮古島、石垣島としだいに南下していくんですよ(ホンマです)

サクラの開花のメカニズムは複雑で、一概には言えませんが
石垣島より沖縄本島のほうが早くつぼみが出来るからみたいですよ

サクラは、昼が短くなり気温がある一定の温度以下になったとき
はじめてつぼみをつけるんです。

そのつぼみは、15度以上の気温が50日~60日くらい続くと開花するんです

沖縄県の島々は亜熱帯に属しているため、真冬を別にすると
つぼみは何時でも開花でき状態にあるみたいです

なので
石垣島より多少寒さが早く訪れる沖縄本島のほうが
早くつぼみが出来るため、気温が上昇しはじめると
すぐに開花するというわけなんですよ

是非、日本一早い桜を見に来て下さいね!

最後までおつきあい頂きアリガトウございます。

にふぇ~でびる(ありがとう)!!

スポンサー リンク



沖縄生活の参考にしています。

沖縄の旅には旅行ガイド【沖縄】 楽天トラベル提供を使用しています。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存