【今日は何の日?】3月8日は三板(さんば)の日です。鳴らし方を動画で解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

はいさい!

シーサー夫です。

沖縄で3月8日はサンバの日!

サンバ?

リオのカーニバルの?

いえい三板(さんば)です。

スポンサー リンク



多分・・・本土の方には馴染みが無い言葉ですよね~

私も、実は沖縄に移住するまで知りませんでした(汗)

三板とは?

沖縄民謡では三線と共に欠かせない楽器が三板(さんば)です。

沖縄の民謡居酒屋では良く聞く軽快なリズム音がするサンバですが
見た感じ誰でも使えそうな楽器ですよね。
でも上手に鳴らしている人を見るとオ~~難しそうに見えますよね。

三板あるいは三羽(さんば)は、現在では沖縄音楽で用いられます。
文字通り3枚の板で構成される小型の打楽器です。

細かくいうと相互打奏体鳴楽器に分類されるみたいです。
材質は黒檀などの堅い素材を用いた板片の、上部を紐で繋いだものです。
小学校の時に鳴らしてよく遊んだカスタネットのような鳴らし方をします。

沖縄民謡喜納昌永が、中国から伝来した三板(さんばん)にヒントを得て発明し
またその基本的な演奏技法も開発しました。

沖縄民謡の最後に聞くカチャーシーには欠かせない楽器です。

YouTubeで探してると、軽快なリズムを奏でている三板(さんば)の名人がいらしゃいました。

私も先日、「三線の日」のイベントに参加した時に思わず買ってしまいました^^

誰でも出来そうな感じ売られていたので。。。

あなも3分でたたけるよ~の言葉に釣られて(笑)

2160円→1000円(半額)なら良いかと思い。

袋付でした~

やってみると、音はすぐに鳴ります^^(当たり前か)

リズムよく弾くには練習が必要ですね・・・

という事で再びYouTubeで練習できそうな動画を探すと。

見つけました~

多分この動画が一番分りやすかったと思いますよ!

これは、分りやすいでしょう^^

ちょっと練習すればイケそうな気がしますね!

持ち運びにも便利な三板(さんば)をもって沖縄の民謡居酒屋で格好よく鳴らしてみては?

本日3月8日(水)沖縄三板協会が主催のイベントがあります。

何か分らんけど、楽しそうなイベントですね^^

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

またや~さい!

スポンサー リンク



沖縄生活の参考にしています。

沖縄の旅には旅行ガイド【沖縄】 楽天トラベル提供を使用しています。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存