大好きな沖縄に骨を埋めたい!そんな方の願いが叶う今話題の散骨。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

はいさい!

シーサー夫です。

沖縄が、好きで好きで仕方ない!

大好きな沖縄に将来は骨を埋めたい!

そんなアナタに朗報です^^

スポンサー リンク



沖縄と言えば・・・・

青い空、青い海、白い砂浜ですよね。

そんな沖縄県の象徴である青い海に、散骨できるサービスがあるんです!

本土では、海が好きな方で散骨を希望する方も今まで居ましたが・・・

と言うのも、私の前職が葬儀関係の仕事をしていたので実際に当家の希望で
業者の紹介をした事もありました。

散骨とは?

日本では亡くなったら、火葬して遺灰になりますよね?
大体の方がそのままお墓に入ると思いますが・・・
散骨とは故人の意志やご遺族の希望によって、お遺骨を粉末状にして
海に撒く葬送方法なんです!

従来の納骨あるいは分骨の一つの方法で、お墓ではなく海へ遺灰を還すことにより
自然の大きな循環の中に回帰していきます。

ちなみに、粉骨の主成分はリン酸カルシウム他の物質ですので自然には無害なのです。
沖縄ではキレイな海が身近にあるという事もあって
散骨が本土よりは近い存在かもしれませんね!

大体7~8年前ぐらいからかな?
お葬式も核家族化の影響なのか、家族葬や音楽葬など自由葬でする当家が増えて
従来の形にこだわらない、お葬式が増えて来ました。

「自由葬」の言葉が定着して来ている今「故人の思い出の場所、行きたかった場所へ
散骨してあげたい」「美しい海、母なる海へ還してあげたい
「窮屈で暗いお墓の中ではかわいそう」等、従来の葬儀、埋葬方法とは違いますが
古来の人間らしい埋葬方法と言えるこの「自然葬」が注目されてきています。

最近では、墓地高騰化、後継者、少子化、核家族、等の供養に対する問題点で
お悩みのご家族が急増し、お墓が維持できなくなったり・・・
承継が困難になってきているようで、家墓への意識が低下してきています。

また、形式や慣習にとらわれない人が増え、「自然に還りたい」と望む方が
多くなってきているみたいですね。
それぞれの理由を元に「散骨」は行われるんです。

ならば、沖縄県でも散骨があるのかな?と調べると・・・

ありました!

結構な業者の数がありましたよ~

その中の1つの業者を紹介しますね。

沖縄海洋散骨サービスセンターさんです。

1日に3便船が出ていて、もちろん1組限定なので多少お金は掛かりますが・・・

希望に応じて色々な形の「散骨」をしてくれるみたいです。

ナント!

ペットの散骨もあるみたいですよ~

すごい時代ですね。

私も沖縄が大好きで、沖縄に移住してきた身なので・・・・

将来は、沖縄の海に散骨して欲しいです^^

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

またや~さい!

スポンサー リンク



関連コンテンツ



ブログ村 フェイスブック

沖縄生活の参考にしています。

沖縄の旅には旅行ガイド【沖縄】 楽天トラベル提供を使用しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存