梅雨の沖縄でど~やって楽しむの?梅雨でも楽しめる沖縄の観光スポットを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

はいさい!

シーサー夫です。

沖縄県もいよいよ梅雨に入りましたね~

せっかく楽しみにしていた沖縄旅行なのに梅雨・・・・

テンション下がりますよね。大丈夫です!

今日は、梅雨でも楽しめる沖縄の観光スポット5つを紹介します。

スポンサー リンク



沖縄といえば・・・

青い空、青い海ですが 年中晴れているワケではないんです。(当たり前やけど)

まずは、沖縄県の北部から行きましょうか!

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館なら、外は雨でものんびりまったり海中散歩気分が味わえます。
やっぱり見どころは広々とした水槽の中で雄大に泳ぐジンベエザメです。

その他、カラフルな熱帯魚や謎に包まれた深海の生き物など、浅瀬から深海まで
沖縄の海の生き物たちを鑑賞できます。

「黒潮の海」大水槽に併設されたカフェで軽食を楽しんだり、オリジナルグッズを
取り揃えたショップで、美ら海の思い出をゲットしてみてはどうですか?

※以外に夕方ぐらいからは、空いているので狙い目は夕方入館です!

<沖縄美ら海水族館>
住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424番地(海洋博公園内)
電話:0980-48-3748
営業時間:★通常期(10月~2月 8:30~18:30【入館締め切り17:30】 )
★夏期(3月~9月 8:30~20:00【入館締め切り19:00】 )
休日:12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
料金:大人1,850円・中人(高校生)1,230円・小人(小・中学生)610円・6歳未満無料
(16時以降の入場は 大人1,290円・中人860円・小人430円)

琉宮城蝶々園

クリックすると新しいウィンドウで開きます

琉宮城蝶々園は、東シナ海を見渡す展望レストランや土産店などなど
日本一大きな蝶「オオゴマダラ」などと触れあえる蝶々園からなるテーマパークです。

園内にある約500坪の蝶々ハウスの中にはオオゴマダラを始めとする
リュウキュウアサギマダラ、ルリタテハ、アオスジアゲハ、イシガケチョウなど
約15種類の蝶たちがヒラヒラと優雅に舞っています。
中でも日本最大の蝶、オオゴマダラの数は約500頭。
一年を通して何度も産卵、ふ化を繰り返すオオゴマダラの頭数は安定しているので
いつ訪れてもその姿を楽しむことができます。

※子供達に大人気です!

琉宮城蝶々園

住所:本部町字山川390-1
電話:0980-48-3456
【営業時間】9時~17時 (最終入園は16時40分)
【定休日】年中無休
【利用料金】大人(16歳~) 500円、小人(3~15歳) 250円
【駐車場】あり(無料)

体験王国むら咲むら

クリックすると新しいウィンドウで開きます

沖縄の文化や伝統を体験するプログラムから、体を動かすスポーツ系などなど
圧倒的な体験メニュー数を誇る観光施設の「体験王国むら咲むら」です。
体験できるメニューは101種類あります。
工芸品作りはもちろん、沖縄そば打ちちんすこう作り沖縄空手ジンベエザメと泳ぐ
といったメニューまでありますよ!
内容の豊富さと独自性が際立ち、子供から大人まで満足の行く時間を過ごす事が出来ます。

体験王国むら咲むら

住所:沖縄県中頭郡読谷村高志保1020-1
電話:098-958-1111
【営業時間】9時~18時(体験最終受付17時)
【定休日】年中無休(一部工房、定休日あり)
【利用料金】入園料: 大人600円、中高生500円、小学生400円、幼児無料
※体験メニューの利用料は別途発生
※20人以上での団体割引あり(各料金から50円引き)
【駐車場】無料

琉球ガラス村

糸満市にある琉球ガラス村では、色とりどりの琉球ガラスが作られている工房や
1,300℃の窯とガラス職人を目の前で見学が出来ます!

工房直売店ならではの、ここにしかない新作や限定商品がいっぱい!
ひとつひとつが手作りの琉球ガラスは、色・形・重さが微妙に異なって
同じものが2つとないことが最大の魅力です。

琉球ガラスの製作体験もあるので、是非お立ち寄りください!

琉球ガラス村
住所:〒901-0345 沖縄県糸満市字福地169番地
電話:098-997-4784
【営業時間】9:00~18:00(年中無休)
【駐車場】無料

おきなわワールド

沖縄県南城市にある『おきなわワールド』なら、敷地内の短い移動距離なので雨の日でも
観光にはもってこいのスポットです。

洞窟のなかで珊瑚からできた鍾乳洞の「玉泉洞」を観たり、
古民家の中で伝統工芸の体験や
琉球舞踊の衣装を来て記念撮影をしたり、ハブ博物公園でハブの生態資料やハブショーを
観たり、屋根付きステージで力強い創作エイサーを観れたりと・・・

梅雨の時期でも屋根の下で沖縄の魅力をたっぷり体感することが出来ます。

おきなわワールド

住所:沖縄県南城市玉城前川1336
電話:098‐949‐7421
【営業時間】9時~最終受付17時(18時閉園)
【定休日】年中無休
【入園料】フリーパス1,650円、玉泉洞&王国村1,240円、王国村620円、ハブ博物公園620円
【駐車場】無料

いかがでしたか?

梅雨時期の沖縄でも、楽しめるスポットはまだまだあるので大丈夫ですよ~

最後までお付き合い頂きアリガトウございました。

またや~さい!

スポンサー リンク



沖縄生活の参考にしています。

沖縄の旅には旅行ガイド【沖縄】 楽天トラベル提供を使用しています。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存