那覇から名護を1時間で結ぶ鉄道が出来る・・・・かも知れない?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

はいさい!

シーサー夫です。

沖縄移住して2年目になりますが・・・

年々観光客で賑わっている沖縄県!

スポンサー リンク



特にシーズンの7月~10月は、何処に行っても観光客でごった返しています!

では、どれ位の人数の観光客が沖縄県に訪れているか知っていますか?

ビックリしますよ。

ナント!

1年間で・・・平成27年度の観光客数が776万人でした^^

沖縄県にとっては嬉しい悲鳴ですよね!

平成26年度が705万人なので10%アップしていました。
平成25年~以降はだいたい10%ずつ増えているみたいですね(スゴイ)

聞くところに寄れば、受け入れるホテルも足らない状態になって
新たにホテルが建てられているみたいですよ。

それに合わせて観光客が交通手段として使う、レンタカーも増えています。
レンタカーの許可台数もここ10年で2倍以上に増えているそうです。
自然と渋滞も増えてきますよね。

特に那覇市は、朝の通勤ラッシュは本土の渋滞にも匹敵するほどです。
観光客のレンタカープラス、那覇市で働く人のマイカー通勤が重なると大渋滞になります。

そんな中で、今現在沖縄県に鉄道が計画されているのを知っていますか?

なんと!

那覇市から名護までの区間を1時間で行ける鉄道がこの先出来るかも?
という計画案が実行中です。
まだまだ模索中らしいのですが。

現在、役場や商業施設でアンケートを採りながら今後の計画に
役立てていくみたいです。

先日も私が住んでいる与那原町の役場に私用があって行ったんですが・・・

役場の正面玄関で大きいパネルの前で男性がアンケート調査を行っていました。

その時にもらったテッシュです。

でも・・・

この那覇と名護を1時間で結ぶ鉄道が出来れば画期的ですよね!

観光客で車を運転出来ないお年寄りの方とか、運転が苦手な女性の方にとっては
ありがたい話ですね。

知っていましたか?
その昔・・・沖縄県にも鉄道が走っていたんですよ!

名前は沖縄県軽便鉄道といって今から100年前(大正3年)に那覇~与那原間で
開業して、その後那覇~嘉手納間(大正9年)、那覇~糸満間(大正12年)の
3線で総延長約48キロで営業されていました。

利用者も開業当初は約43万人でしたが昭和16年には300万人を越えるほどの
利用者でしたが、戦災で壊滅してしまいました。

そんな鉄道を今現在で復活出来たら素晴らしいことだと想います。

是非夢の実現をしてもらいたいと想います!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

またや~さい!

スポンサー リンク



沖縄生活の参考にしています。

沖縄の旅には旅行ガイド【沖縄】 楽天トラベル提供を使用しています。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存