今年最後の慶良間諸島!忘れ物が無いようにリストを書き出しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

はいさい!

シーサー妻です。

沖縄県に移住して2年目。

今回で4度目、今年2度目の慶良間諸島へ友人家族と行きます。

スポンサー リンク



忘れ物がないように準備して、ケラマブルーを楽しんでいきたい。

子供と一緒に遊びにいく海。
出発前にもう一度持ち物を確認してみよう。

楽しい海でも、しっかりとした準備をしておけば
より快適に過ごすことができます。

すっかり海にはなれた私たちも、夫婦で担当を分けて持ち物を準備しているので
今日はその持ち物リストをブログにかいておこうと思います。

子連れでいくとなるとダイビングは厳しいので
私たちはいつもビーチからエントリーできるシュノーケルを楽しんでます。

もちろん、シュノーケルグッズのメンテナンスもバッチリ!

では、実際に私たちが持っていく
子連れで慶良間にいくときの持ちものリストです。

ワンタッチテント(子供がお昼寝しても大丈夫 日陰もしっかり)
シュノーケルセット(シュノーケル・水中メガネ・フィン)
曇り止め(水中メガネ用)
・子供用の浮き輪
・マリンシューズ
ウエットスーツ(9月以降の海は海水が冷たくなるので持参)
・日焼け止め(沖縄には必須!!)
・タオル
・着替え
・旅行用のシャンプーセット
水中カメラ(想い出の写真・動画を記録に残したいので)
酔い止めバンド(慶良間までの船はゆれます)
・ゴミ袋(帰りに濡れたモノをいれる為に)
・お茶とお菓子など(現地でも売ってます)
・日帰りツアーの乗船券
・お金
・保険証
・絆創膏(ケガをしたときのため)

と、こんな感じで持ち物を確認しつつ、用意しています。

慶良間でも有名なビーチはレンタルや売店もあるので
もし忘れ物をしても大丈夫なんですが。

やはりレンタル品よりも、自分たちの持っているモノの方がいいので
分担しつつ用意し、持っていくようにしてます^^

明日は天気も晴れになったので
ケラマブルーを楽しもう!

ではでは。

スポンサー リンク



関連コンテンツ



ブログ村 フェイスブック

沖縄生活の参考にしています。

沖縄の旅には旅行ガイド【沖縄】 楽天トラベル提供を使用しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存