沖縄の小学生は歩かない!?親が車で送迎しているんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

はいさい(こんにちは)!

シーサー夫です。

3月に入ってから・・
長男(6才)と小学校までの道のりを
歩いて徒歩登校の練習をしています。

なぜなら・・今度入学する沖縄の小学校では
集団登校がないんですよ。

スポンサー リンク



本土にいた頃の小学校では、必ず近所の1年生から6年生までが
決まった時間に、決まった場所に集まって集団登校していました。

だから、「ピカピカの1年生」の父兄も安心して見送っていましたよ。
でも、入学する沖縄の小学校では集団登校がないんですよ!
我が家は、男の子なのでさほど心配はしていないんですが・・

兄弟がいなくて、女の子を持つ父兄は心配だと思うんですよね
学校にちゃんと着いているのか?
怪我なんかしていないのか?
さらわれていないか?(おおげさ?)

でも・・沖縄の親御さんは心配してないんですよ。
なぜ?

それは・・

車で送迎するからなんです!!

沖縄県は、言わずと知れた車社会です。

10分歩くなら・・車に乗ろうが合言葉のように
歩くのを嫌がります。

関連記事
沖縄は車社会、10分以上歩くなら迷わず車?

だから当然子供も、歩かせずに車で登校してくるんですよ。

それなら、自分で送っているので心配せずにすみますからね

でも、今度の小学校の校長先生は違うんですよね!
今までは普通だった、この「悪い習慣を変えよう」という考えなんです。

長男の通っている幼稚園の園長も兼務している校長先生は、歩いて登校させて下さい!
という「徒歩登校」を提唱しているんです。

関連記事
沖縄の幼稚園で「小学校入学にむけて」の講話が素晴らしい話でした!

沖縄の小学校も良い方向に向かっていけたらイイですよね!

最後までお付き合い頂きアリガトウございました。

にふぇ~でびる(ありがとう)!!

スポンサー リンク



沖縄生活の参考にしています。

沖縄の旅には旅行ガイド【沖縄】 楽天トラベル提供を使用しています。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存