徒歩登校の練習で学校に行くと校長先生が算数を教えてくれた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

はいさい(こんにちは)!

シーサー夫です。

4月から小学校に入学する長男と
3才の次男と一緒に「徒歩登校」の練習をしています。

最近は、だいぶ慣れてきたのか足取りも快調で
余裕も見せながら小学校に向かっていますよ!

スポンサー リンク



なぜ、徒歩登校の練習をしているのかというと
沖縄県の今度、入学する小学校では朝の集団登校が無いんですよね!

以前も少しこの事に触れましたが・・

関連記事
沖縄の小学生は金持ち?親が車で送迎しているんですよ!

集団登校が無いために朝の登校は、1人で行かなければ
ダメなんですよね。

その為に、週に何回かは長男と一緒に
徒歩登校の練習をしています。

そんなある日、学校の正門のトコロで校長先生と遭遇!
小学生と並んで一緒に、登校して来る生徒に「挨拶運動」をしていました。

その時、幼稚園生を見つけた校長先生が・・・
小学生と一緒に挨拶運動を並んでしなさい」と言われて
息子は素直に、登校してくる小学生に挨拶していました。

校長先生がおもむろに・・「あと10人に挨拶したら終わり」と言われました。

その後、6人挨拶した時に「後、何人で10人になるの?」
と息子に尋ねたときに・・・

気づきました!

足し算の練習をしている?

校長先生が良く言われていた・・教師が生徒に仕掛けをする!!
これが・・その仕掛けなんだと気づきました。

さりげなく行っていた事で学校の算数の勉強をしていたなんて。

改めて今度、入学する小学校で良かったな~と思った1日でした。

最後までお付き合い頂きアリガトウございました。

にふぇ~でびる(ありがとう)!!

スポンサー リンク



沖縄生活の参考にしています。

沖縄の旅には旅行ガイド【沖縄】 楽天トラベル提供を使用しています。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存