【沖縄移住の前準備】失敗しない優良物件選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

はいさい(こんにちは)

シーサー夫です。

住む場所もある程度決めた次に大事なのが物件選びですね!

ひとくちに沖縄と言っても南北に長く、希望するエリアにより

家賃や住宅の価格も様々ですよ(これは本土も同じくやね)

最終的には、実際に物件を見てから契約するのが良いと(経験者は思います)

スポンサーリンク

沖縄移住での物件選び

実際に移住をした人の年齢別割合は以下の通りです

20歳~25歳  25%
26歳~30歳  40%
31歳~35歳  21%
36歳~40歳   8%
41歳~45歳   3%
46歳~50歳   1%
その他     2%

やっぱり80%以上が35歳までに移住しているという事実ですね(45歳は3%かぁ~)
という事は、賃貸物件を借りる方が多いということになりますね

今の時代殆どの方は、ネットで検索し物件情報を入手する人が
多数占めてるでしょうね(私も同じでした)

でも契約するまえには一度、長期間滞在してウィークりーマンションとか
安い宿に宿泊してじっくり回りの環境もしっかりと周知しておくことが
大事だと思いますよ(これはホンマに)

沖縄の住宅ならではのチェックポイントも実はあるんですよ
本土では一般的にJR沿線や駅で家賃相場が決まるんですが・・

しかし沖縄本島では、一部にモノレールが走るのみ
県外者には、かなり想像がしにくいので地元の不動産会社に
聞くのが一番良いんじゃないかと・・

沖縄は車社会本島では朝夕の通勤ラッシュは
すごいですよ~ それを踏まえてくださいね!
実際に私も30分で着くところが通勤ラッシュにはまり
1時間以上かかった経験があります(その時はかなり焦りました)

沖縄特有の賃貸事情としては、契約にあたり以前は
県内在住の連帯保証人が必ず2人必要でしたが
現在では連帯保証人(県外在住者でも可)1人と
保証協会を利用すれば契約できる不動産業者が主流になってきております。

あと、沖縄の物件で必ず確認して欲しいのがお風呂です
そうです、お風呂のバスタブが無い物件があるんですよ!!
沖縄ではバスタブに浸かる風習があんまり無いらしいんですよ
私達家族は、子供も含めお風呂大好きなので考えられませんでしたホンマに・・

最近では、オール電化のオシャレな物件もありますが・・
今年の台風でオール電化にしなくて良かった~とホッとした事がありました
それは・・停電です!!

停電になると部屋の電気 水道 電化製品全て使えません!
実際・・12時間停電でした(長かったー)

お風呂も入れませんでした

しかしコンロだけはプロパンガスなので助かりましたよ~

お湯を沸かしたり 料理も出来るので何とかなりました(恐るべし台風!!)

あと・・マンションの最上階は眺めは、最高ですが日中の熱がこもりやすく

大変という話を聞いた事があります

その他良く聞く話では、ゴキブリやアリの虫害・海風や台風による塩害

湿度が高いので1ヶ月部屋を空けただけでカビが生えてた話などなど

入居後に後悔しないように入念に情報を仕入れ昼夜を通して環境チェック

したほうが良いと思いますよ

では、本日も最後まで付き合い下さりアリガトウございました。

にふぇ~でびる(ありがとう!!)

スポンサーリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存